アフィリエイトで副業を始めたい!本格的に稼ぎたい!そういった方たちへ役立つコンテンツを配信しています。

ペラサイトの文字数についてハッキリしたので話そうと思う

無料動画でアフィリエイトを学ぶ

 

昔の僕と同じようにお金が無くて苦しい環境に置かれている方達へ、無料で情報発信をしています。

 

↓アフィリエイトが学べるクロレラの

 

※定期的に動画はアップしていますのでチャンネル登録はお忘れなく※

 

 

どうもクロレラです。

最近ペラサイトに関するお問合せやご質問が多いので、今回はペラサイトを作る時の文字数についてお話していきたいと思います。

 

「ペラサイトは500字程度でも良いのか?」

「3000字くらい書けば上位表示されやすいって話もあるけど・・・」

 

そんな悩みや疑問が解消される記事内容となっております。

 

ペラサイトの文字数は何文字が理想?

 

基本的にサイトを作って検索結果の上位表示を狙う場合、欠かす事の出来ないのがライバルチェックです。

 

自分が書く元となるキーワードを実際に検索し、ライバルがそのキーワードに対してどのくらいの文字数で記事を書いているのか?をざっくりと見ます。

 

やはり文字数が多いとGoogleから高評価を受けやすいという事実はある為、

出来るだけライバルと同等・もしくはそれ以上の文字数は意識して書くようにした方が良いです。

 

ライバルサイトが記事追加型サイトで1サイトに何十記事も入れている特化型サイトの場合。

 

表示されているサイト(記事)の文字数が1500字程度だったら、

こっちはSEO力が乏しいペラサイトで勝負する訳なので少なくとも2000字~は意識して書かないとお話にならなかったりもします

 

 

ペラサイトといえどそのキーワードに対してしっかりと記事を書く訳ですから、どうでもいい日記感覚でただいたずらに文字数を増やしても意味はありません。

 

今ご覧になっているこの記事をアフィリエイター視点で見てみると良いでしょう

 

「ペラサイト 文字数」について僕が今こうやって記事を書いていますが、どうでもいい日記感覚で書いていませんよね?

 

そのキーワードに対してあらゆる観点から記事を書く事でGoogleからも選ばれるので、

文字数だけではなくて切り口も考えて色んな観点から書くようにすると、

自然と文字数は1000~3000字になったりもします。

 

ライバル不在のキーワードでペラサイトを書く場合の文字数

 

上記ではライバルが多少いた場合、ペラサイトで意識する文字数についてお話いたしました。

 

しかしペラサイトはライバルサイトがほとんどいないキーワードでサイトを作るのがペラサイトの本質的な戦略です。

 

その場合、ペラサイトの文字数は700字~1000字程度でも十分上位表示が期待出来ます

だってライバルがまったくいないんですから・・・

 

さらにライバルがまったくいなくて、尚且つ検索もそこそこされてアクセスも良い感じで入ってくる。

 

そして商品も売れているなら同じキーワードに対して何サイトもペラサイトを作ったりもします

 

↓こちらはとあるキーワードで検索した検索結果1ページ目の画面。

 

 

この赤い枠で囲まれているのは全て僕のサイトであり、検索結果1ページ目に複数自分のサイトを表示させる事だって不可能ではありません。

 

これはそこそこライバルがいるキーワードですが、

ライバルもそのキーワードに対してきっちりと書いていないでたまたま関係ない記事がひっかかっている程度だったらペラサイトでも時には勝てたりもします。

 

そしてこの時作ったペラサイトの文字数は2000文字~3000文字くらいです。

 

ライバルが本当にまったくいないなら700字~1000字程度でも上位表示は期待出来ますが

 

例えば「ペラサイト 文字数」というキーワードを狙ってペラサイトを作ると仮定します。

 

ライバルチェックをしたら検索結果に表示されているライバルサイトは

「ペラサイト+〇〇(何か)」という2語キーワードを元に書いている記事が表示されていたりします。

 

そのライバルサイトは他の記事でもペラサイトについて何十記事も書かれている特化型サイト。

 

 

こういうケースの場合、あなたが「ペラサイト 文字数」について700字~1000字程度で作ったとしても上位表示はあまり期待出来ません。

(SEOというのは何か一つだけ優れていれば上位表示出来るという世界ではなく、サイトに対する評価項目は数多くあるので絶対もありません。)

 

 

こういうケースの場合、僕がペラサイトで勝負するなら最低でも2000文字。

多くて3000文字~4000文字くらいは文字数を含んで作るようにします。

 

じゃなきゃGoogleがわざわざ後から出てきた文字数(情報量)の少ないペラサイトを上位表示させる理由もないんですね。

 

ペラサイトを複数上位表示させたい場合

 

自分だけのお宝キーワードを発見したら、上記のように何サイトも検索結果の1ページ目に入れる事で収益はもちろん上がっていきます。

 

その場合ペラサイトといえど意識しなくては行けない事があります。

 

それは多様性を持たせるように文字数もある程度含みつつ書くです。

Googleというのは検索結果に多様性を持たせたがっています。

 

↓仮に今「ペラサイト 文字数」で検索して、検索結果の1ページ目が下記のようなタイトルで並んでいたらどうでしょうか?

 

1位:ペラサイトの文字数を教えます。

 

2位:ペラサイトの文字数は何文字書いたら良いの?

 

3位:ペラサイトって何文字書く?文字数は?

 

4位:文字数で迷う|ペラサイトにおける悩み

 

 

↑こちらを見てみると、

どのサイトも同じような事しか書かれていないって一目でわかりますよね。

 

 

確かに「ペラサイト 文字数」で検索しているから「別に良いんじゃないの?」って思われるかもしれませんが、

 

ユーザーの立場で考えたら上記のような同じようなサイトが並んでも何も価値は無いのです。

 

↓Googleが検索結果に多様性を持たせるとこのように表示されるようになってきます。

 

1位:ペラサイトの文字数は何文字が理想?アフィリエイトで稼ぐ方法

 

2位:ネットショップへの誘導でペラサイトを作るなら文字数はどれくらい書けば良い?

 

3位:ペラサイトで広告収入|文字数は何文字書いたらトレンドネタで上位表示?

 

4位:アダルトアフィリ×ペラサイト|文字数に着目した新たな戦略見つけたwww

 

5位:ペラサイトで文字数が足りていないと起きる3つのデメリットとは

 

検索ユーザーと一言で片づけても、実に色んな人がいます。

 

ここでは検索キーワードを例として「ペラサイト 文字数」で例えましたが、同じキーワードでもニーズは多岐に渡るんです。

 

1:アフィリエイトでペラサイトという手法を知って今実践している。文字数は何文字書けば良いのかわからない人。

 

2:ネットショップへ誘導する為にペラサイトを作ろうと思ってる。その際文字数は何文字書けば良いのかわからなくて悩んでいる人。

 

3:グーグルアドセンスを使った広告収入とペラサイトを合わせて、それで稼ぎたいけど文字数は何文字が理想なのか知りたい人。

 

4:アダルトアフィリエイトでペラサイトいけるんじゃないか?って思ってその場合書く文字数は何文字が無難なのか知りたい人。

 

 

まったく同じ2語キーワードで検索する人が多数いても、抱える悩み・ニーズはこのように色々とあるわけです。

 

それを全く同じような内容しか書かれていないサイトを検索結果の上位に並べても、価値ありませんよね?

 

 

だからGoogleはユーザーの利便性をさらに高めるべく、

同じ2語キーワードについて書かれたサイトでも色んな観点からそのキーワードに対して書かれたサイトをそれぞれ上位表示させる。

それがユーザビリティに繋がると考えているんです。

 

ここで検索結果に多様性を持たせる意味と必要性が理解できたと思います。

 

 

そうしたらアフィリエイターはその仕組みを理解した上で、

検索結果上位に自分のサイトを複数表示させたいなら色んな観点から書かれたサイトを作れば良いのです

 

 

そうすると先ほどお見せしたように、自分のサイトをいくつも表示させる事も可能となってきます。

 

 

単純に文字数を増やすだけではなく、

ライバルが書いていない観点から書く事で少ない文字数でも上位表示出来たって経験もその内生まれてくるでしょう。

 

SEOに絶対はありませんし、

「ペラサイトの文字数は何文字で書けばOK!」なんて薄っぺらい事を言うつもりもありません。

 

ただ一つの目安として

 

1:ライバルが本当にまったくいないなら700字~1000字でも上位表示は期待出来る

 

2:ライバルが少しだけいるけど内容がキーワードに対してマッチしていない。

だけどサイト自体のSEO力も関係してくるからその場合は2000字~4000字書いてやる!という姿勢も大事。

 

以上が現役アフィリエイターがお話するペラサイトの文字数についての見解でした。

 

商標(商品名)SEOでアフィリエイトする人へのリアルなアドバイス

アフィリエイトで上位表示させる生生しいSEO対策を暴露

A8.netでブラックSになりました|アフィリエイトの報酬額

 

 

↓一日一回の応援クリックして頂けると励みになります!(このブログは今何位?)

ブログランキング

 

メルマガで裏SEOも暴露しています。登録はこちら

 

↓アフィリエイトが学べるクロレラの

 

 

5 件のコメント

  • nicomesecond より:

    アフィリエイトの動画で、最近は、文字数は関係なくなって、大事なのは、閲覧者の疑問を解決する結論が始めに記載してあって、すぐに解決してあげるだけで上位表示すると聞き、疑問を感じてこの記事にたどり着きました。
    まだ、文字数は最低700、可能なら2000はあった方が良いと考えるべきでしょうか?

    その情報には文字数が多いと閲覧者さんの知りたいことがどこにあるか探すのが大変なので、むしろSEO上も良くない可能性もあると言っていたのですが、どう思われますか?

    今は、文字数は全く気にすることはなく300文字でも結論だけ記載してすぐに問題解決だけすればよい時代になったのでしょうか?

    お忙しいところ恐れ入りますが、教えていただければ幸いです。

    • クロレラ クロレラ より:

      nicomesecondさんご質問ありがとうございます。
      周りと比べて圧倒的に文字数・情報量が少ない記事が勝てるならそれに越した事はありませんが、その捉え方はちょっと違うと思います。
      日記感覚でイタズラに文字数を増やしても効果は薄いですが、価値ある情報が記載されていて尚且つ自然と文字数が増えるのが一番の理想です。
      答えは検索結果上に出ているので、自分なりに色んなサイトを見て納得するのが一番かと思いますよ。

  • nicomesecond より:

    クロレラさんお返事大変ありがとうございます。

    やはり、その噂は間違っているようですね。
    文字数はもう一切関係なくなっていることは全くなく現在もとても大事な評価基準なのですね。

    ただ、閲覧者さんの回答にならないことは評価されないので、閲覧者さんの疑問解決になることをまず初めに記載して、そのあとにそれに関連することを多く記載するのが現在も一番なのは変わっていないのですね。

  • 佐藤 主計 より:

    お世話になります。

    クロレラさんのメルマガ配信を受けている、佐藤主計です。

    今回はルレアについて書かれていましたね。

    以前からクロレラさんのyoutube動画を見ていて、ルレアのことは知っていましたし、
    ネットでいろいろ検索しました。

    今回私は、覚悟を決めて、アフィリエイトと取り組むつもりです。
    ルレアもクロレラさんから購入しようと思っています。

    そこでお尋ねしたいのですが、クロレラさんにコンサルしてもらうとしたら、
    金額的にどれくらいかかるのでしょうか。

    これは、昨日今日考えての質問ではありません。
    何か月も考えた末の思いです。
    自分に用意できる金額でしたら、すぐにでもコンサル生になりたいと思っています。

    ご返事のほう、よろしくお願いします。

    • クロレラ クロレラ より:

      佐藤 主計さんご質問ありがとうございます。
      >今回私は、覚悟を決めて、アフィリエイトと取り組むつもりです。
      その覚悟を忘れないでください!

      >クロレラさんにコンサルしてもらうとしたら、金額的にどれくらいかかるのでしょうか。

      沢山の方からご要望を頂いておりますが、今現在考えておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介

初めまして。

当サイト管理人の道産子アフィリエイタークロレラです。

↓A8.netではブラックSランクです。

↓その実績を認められ、アフィリエイトセンターからは賞状とフィギュアを貰いました。


クロレラのyoutubeチャンネルはこちら


クロレラのメルマガはこちら


ブログランキングに参加しております。

一日1クリック応援して頂けますととても励みになります。

↓今何位?


アフィリエイトランキング

1年半で月収250万円の教材
1年半で月収250万円の教材
必須のサイト作成ツール
必須のサイト作成ツール
記事をクリックだけで仕上げるツール
記事をクリックだけで仕上げるツール
裏SEOに必須のツール
裏SEOに必須のツール
1カラムLPを簡単に作れるプラグイン
1カラムLPを簡単に作れるプラグイン
ツイッターやってます

気軽にフォローしてください^^

 

特定商取引法に基づく表示